10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
Profile
Select entries
Archives
Categories
Comment
Recommend
Mobile
qrcode
Links
Sponsored links
Others

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
<< サマーバレンタインだって。 | main |

蝶は何故、哀しい詩になる?

蝶をタイトルに持つ好きな詩が何曲かあります。
何故、全てが、哀しいのだろう…と。舞う蝶は、あんなにも優雅に華麗に見えるのに…と。


ま、私は蛾です。
誘蛾灯に触れ死す、あれが私です。


触れたら、終わり。


なのに、想いだけが残って…本当に屑みたいです。



やはり、これ以上なんて、望んではいけなかった。
今ある繋がり以上に大切なものなんか作るべきではないという、定めだと、そう想い、残りの時間を大切に大切にしなくちゃ。。


私に必要なのは、恋ではなく、愛です。故に、愛のある出逢いは今も明日も大切に。

それを抱いて、終わろう。

あんなにも、身が砕けるような口付けなんて…忘れてしまおう。

愛してるはずだった。
死ぬ瞬間まで手を繋いで居られるはずだった。

夢、だったな。
最期に甘い夢を見ただけ。


ありがと。出逢えてよかった。
だから、繋いだはずの手を、そっと離して…。
| - | 23:14 | comments(0) | trackbacks(0) |

スポンサーサイト

| - | 23:14 | - | - |
Comment









Trackback
url: http://seiyaf.jugem.jp/trackback/451