09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
Profile
Select entries
Archives
Categories
Comment
Recommend
Mobile
qrcode
Links
Sponsored links
Others

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
<< ゾロ目だよ。 | main | 孤独×孤独。 >>

孤独が反映されてしまう。

今朝、駅でナンパしてきた人がいらして、ビックリしたよ!!!
顔は嫌いじゃなかったけど…15年ぶりのナンパには裏がありそうで、無視した。
が、後から、一緒に名古屋城連れてけば良かったのに…と後悔(笑)


今日は合間が充実。
『秋風の狂詩曲』よろしく、枯れ葉の敷き詰められた芝生でベンチに座り、ようやく読む気になった『ピンクとグレー』を読み進める。
佳境に入り、読んだら泣きそうだったから、「今日より明日を」の執筆。

したら、何やらものものしい雰囲気になってきた。
甲冑の集団が現れ、しばらく観てたら、火縄銃の実演だった!!
こんな機会はないので、ちらりと観る。爆音すげぇ!かっけぇ!!!

なかなかに充実した名古屋城でした。


が、帰りに小説の続きを読んだせいかな、もう永く誤魔化してた孤独が、また襲ってきた。
1日楽しかったし、27日の切符も買ったし、イケメンにナンパされたのも頑張って痩せた成果かもだし、駅のホームでセクゾのおっきなポスター見れたし、不満なんか何もないのだが…。

執筆した部分が悪かったのか?
また、帰りの電車で、このまま消え去りたい衝動。

寂しい。
トキパパにしか、言えないはずの言葉が過った。


みんなに伝えたい想いが溜まりすぎてて、でも、なかなか手紙も出せないままだからかな?


夏から迷っては何度も辞めたメアドにメールしてしまった。。ごめんなさい。


あんな酷いことしたのに、向こうから電話くれた。
6年ぶりとかなのに、普通に話してくれた。
そして、トキパパと同じ車のラジコン作ってくれた人の死を知る。


トキパパの車だし、と捨てられなかった作品だったけど、遺作と聞いて、尚更、手放さなくて良かったと思う。
同じ色にする為に、わざわざトキパパのブログまで読んで作ってくれた人だったのに、何でかそうゆう優しい人の方が先に逝ってしまうのだ。

こんなにも寂しい、優しくもない人間が、普通に他人と関わるのさえ出来ていない人間が生きてるのに…と思ってしまう。


いや、こんなこと思ったら、未だ生きたかった人に申し訳ないんだけど、でも、代わる勇気もなくて…ごめんなさい。


でも、あと少しだけ、未だ生きてなきゃ。
最期の詩を聴くまでは…!

けど、痛みが、また消えたいって言う。


家族とか同級生とか、当たり前みたいな存在がないことの重み。
切り捨てたのは自分なんだけど、時として、痛みとなり襲ってくる。


人間は人間にしか救えないと、解ってる。
こんな奴を屋外に放置できなかった優しさも、さっきの電話も、みんなみんな、勿体ないんだろう。
でも、いつも、独りを選んでしまう。


いつか、というか、早く忘れて欲しいけど、捨てきれない自分もいる。



あー、今月は人と関わりすぎてるのかな。
孤独が好きと言いながら、独りになりきれなかったからな。いつも。


ごめん、こんな事かいて。
でも、ホント、誰でもいいから話したかった。
けど、話すなら、素を知ってる人が良かったから。


あーあ、家族欲しい。温もりが欲しい。
愛、って何なんだろね。
| - | 22:58 | comments(0) | trackbacks(0) |

スポンサーサイト

| - | 22:58 | - | - |
Comment









Trackback
url: http://seiyaf.jugem.jp/trackback/439