05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
Profile
Select entries
Archives
Categories
Comment
Recommend
Mobile
qrcode
Links
Sponsored links
Others

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
<< 俗に、今日は「転生前夜」という。 | main | 孤独が反映されてしまう。 >>

ゾロ目だよ。

ゾロ目の瞬間は新幹線の中でした。豊橋を過ぎたあたりかな?

無事に(?)ゾロ目を迎え、何とも言えない気分です。

思い返せば、大好きな人はいつも遠くて、逢えない場所に行ってしまったり…。そんなことを繰り返して来たけど、だから、多分、誰も嫌いになれないのだろうと解釈してます。
5年以上の付き合いの貴女、アーティスト、役者さんに関しては、迷惑でも嫌いにならないから安心してください(笑)死ぬまで、愛してます。これだけは、約束できるんじゃないかな。


そんなこんなで、蒼い文字を綴りだしてから、20周年です。当時からの付き合いの貴女、最強です(笑)
万人の目に触れるでもないのに、描くことがやめられないまま、こんなにも長い時間が流れてました。
まだまだ、やめられそうにありません。

「藤田聖夜」。

いつまで生きてくんだろうね。
でも未だ、愛したみんなと生きてたいな、と思ってみる。


厄年だったし、夏前は特に酷かったけど、こうして池袋に向かえてるのは奇跡だな。ありがと。

誕生日に大好きな誰かと逢えるのは、幸せです。
そして、メッセージくれた人、滅多に逢わないのに忘れないでいてくれた人、私も忘れないから。


昨夜は、生まれた年の時代をテーマにした映画を観てました。
ま、朝、目が腫れてたので感想は言わなくてもいいかな(笑)


同世代と、音楽の話をする機会が最近よくあって、やっぱり、あの時代を体感してる人っていいね。それだけで、なんか、距離が近くなれる。

さぁ、今夜は何を聴けるんだろ。楽しみだけど、また泣きそうだ(笑)


こんなゾロ目の、20周年の幕開けに、貴方に逢える奇跡としか思えない夜に、あの日死ななくて良かったな、と。
ありがと。愛してます。
| - | 17:33 | comments(0) | trackbacks(0) |

スポンサーサイト

| - | 17:33 | - | - |
Comment









Trackback
url: http://seiyaf.jugem.jp/trackback/438