05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
Profile
Select entries
Archives
Categories
Comment
Recommend
Mobile
qrcode
Links
Sponsored links
Others

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |

今日より明日を

最近、描いてる小説のタイトルです。
眠いですね。
24時間テレビ、泣いたよ。大好きな笑点、加藤くん。


さて、独り暮らしということで
今日は水回りのお掃除をしてみた。
使った調理器具を食べる前に洗うという技を覚えた。
レベル、いくつ上がったかな??



夏が終わる。
今日から学校の子供達、笑顔だった。いやじゃないの?
仕事なんか始まったら夏休みどころか、普通の休みもままならないのだよ?

ま、予定してた日は希望を通したけどね!!
あとは交通手段と金次第。
今月の節約が生きますよう。


さ、飲み物を入れ直したら、ノートに向かおう。

| 独白 | 16:27 | comments(0) | trackbacks(0) |

おひとりさま

一ヶ月ぶりに名古屋城へ。電車乗ってすぐに、ノートを持ってこなかったのを後悔。
読むものなくて、無性に描きたくなって、電池を気にしながらタブレットにポチポチ。

タイトル、愛を探しています。にしようとして、ストレート過ぎて変えた。
今回は純愛にしたい。ちと、エロ入るけど。

名古屋城ついて、教えてもらった甲斐なく西門から正門まで軽く迷子になる。
着いてみたら、先月、にゃんまげを見た場所だった。。


前より忍の方は少なかったけど、内容は充実してて楽しかったO(≧∇≦)o
先週のヅカ効果もあってか、殺陣が気になる!!ちと、やりたくなった。

お昼は、先月から食べたい気分になってた、きしめん!
暑いから冷やしにしてみた。うまうま。

時間あったから、また残量を気にしつつ描く。
あ、と思って再び向かう。

一日、くもりのつもりが見てたら晴れてきたー!!!!!!
焼けた。。。


帰り時間あったから、なんかデパ地下に行きたくって、サラダを求めウロウロ。
あ、あった!

今夜は、大好きなゴーヤだよ(≧∇≦)♪

湯葉も入ってた♪




こないだ、普通に生きてる同僚に、独りで舞台やあちこちに行くのすごい行動力!と言われたけど、
これが普通なんだよなー。独りが醍醐味つか、らしさ?

頑張って生きよう。とりあえず、生きていたいのは、あと7年だし。
すぐだけど、だからこそ、今も大切な人達と居たい。
もう、これ以上は好きにならなくていいや。充分。

これまでに出逢い、今も大切な大好きな人達と、もう少しだけ生きよう。
もう誰も消えないで居て。傷つけあうのも、失うのも嫌。

愛してるよ。ずっと。死ぬまで、ずっと。


愛される努力なんかしてこなかったから、愛されないままでも仕方ないね。
でも、愛してるから。
それだけは忘れられたくない、そう思った。

| 独白 | 21:16 | comments(0) | trackbacks(0) |

どうしようもなくて、忘れることだけが出来ない。

「大好きだよ」って言えないのは、嫌われたくないから。
「ずっと好きだよ」って言えないのは、壊したくないから。

ふらりと2年前に書いた記事を読み返し、また、泣きたくなるくらいの切なさにさいなまれている。

"下弦の月"
そのままのようで、聴く度、思い出すよ。


何でいつも、底に居る時ばかり巡り逢ってしまうのだろう。
優しさに溺れたくなる。
子供みたいに泣きじゃくれたらな、って曇り空を見上げた。

甘えたい癖に、勇気すらなくて、甘えたら迷惑だろうって言い聞かせて、忘れる。
けど、逢ってしまえば、頑張って強がって固めたはずの心が砕けてしまうから、
本当はもう会わないほうがいいんだろう。


描きかけて止まったままの小説。
終わりは見えない。


唯、一番に側でいられたらな、と願う。


大好きだ。大好きだ。

| 独白 | 00:05 | comments(0) | trackbacks(0) |

とまどい。不安。迷い。

2年間、居場所だと思って疑いもしなかったものが、実はもうかなり前から、じぶんの場所ではなくなっていたんだと気付く。

還る場所がない以上、進むしかないのに、未練がましく振り返ってしまうのは虚しいね。


期待されていると聞いて、多分、有頂天になってたんだね。
キラキラしてたそっちを手にしてしまったのだから、全部、ボクのせいだね。

埃にまみれたそれこそ、宝物だったなんて、もう忘れてた。
今更、気付いて、あわてて埃を拭ってみても、誰も居なくなっていた。



応援も同情も要らないよ。
ただ、あの日々を変えたくなかっただけ。
キミと笑いあって過ぎたかっただけだったのにね。




・・・そんな淋しそうに手を振るなら、なんで手を離したの?
大好きだって、一緒が良いって、言ったのにさ。
ずるいよ。
そうやって、手のかかる子ばかり大事にしちゃうんだから。
それならずっと、ダメなままでよかったな。なんて。



全部、嘘だった。
ボクの中には、もう1番はずっと決まってて、それなのに大切だなんて、気付いてたよね。


すぐに忘れちゃうんだろう。
そう、本当にすぐにさ。





じゃぁ、って手を振る。
もう2度と会わないと誓って。

| 独白 | 23:47 | comments(0) | trackbacks(0) |

キミと散れるなら

人との出逢いや別れってのは、本当に意味深なもので、どれもが必然なんだということを改めて思う。

あのメンバーでバーベキューしたのも、最後なのかな?って感じてた。

ボクが去る事も、同じ時期に二人が居なくなるのも、偶然だけど、これも必然。
今日、三人が集まって、それを知った時に、二人を残してくのが気がかりだったから、これで良かったんだなって思う。

ただ、あの場所での約二年のうちに、こんな奴を受け入れてくれたのも、有り難くて、こんな奴を慕ってくれたから、任せていけるのだから。
ただ、淋しさだけ。

みんなバラバラになるのなら、一気に散った方がいい。


本当にみんなバラバラになるけど、だからこそ、今、一緒に居られるんだね。


この二年。
振り返れば、無駄な事は何もなかった。
全てが、いい経験で、だからこそ、慕う人からも必要とされる立場になれたのだから、本当に、感謝。感謝。

| 独白 | 00:27 | comments(0) | trackbacks(0) |

貴女が愛した文字

珍しく快晴だった。

空を見上げたら、そこにはXの文字。
飛行機雲がクロスしてるのなんて初めて見たから、やっぱり、貴女が其処に居る気がした。
今朝、貴女と一緒にXを聴きたいな、と思ってたから、余計に思ってしまう。


あれから、12年。
世界は貴女が居なくても変わらずに時を刻んで行くけれど、貴女と関わりながら生きていた人間の世界では貴女が居ないだけで、全く違う世界になってしまったよ。だから、誰か一人でも居なくなる事が、どれだけ重い事かを改めて思う。


あの頃は、話せなかった相手も、今日は話せたよ。
今でも許せない相手も、見ても何も感じない。

今だから話せる事。
昔と変わらずに話せる事も沢山あるのが、少し意外だったけどね。


今月は、3回しか行かない店で、貴女と関わりある人に逢い、昨日はHママにも逢った。彼女が言うように、偶然だけど、貴女が結んだ縁なのだと思うよ。


貴女が蓮の上で半分あけて待ってる姿を思い描いたら、泣けてきた。

貴女と次に逢えたなら、話したい事を全て話すのに何日かかるかな。
全て嘘だったって、今、目の前に現れたら、少しは幸せになれるのかな。
| 独白 | 17:08 | comments(0) | trackbacks(0) |

誰ニ触レラレレバ、癒サレル?

 人生に於いて、良いことと悪いこととが同じくらいあると言われる。

 それは、自らも実感があり、今月だけでもトキパパに逢った翌日、自分の無力さの為に職場で良くない言葉が充満してて息苦しくて、つい弱音を吐いてしまったりした。
 本当に、楽しい時間の後には、嫌な事がやってくる。

 嫌な時間が続いた時は、もうすぐ何か幸せな事があるのかも・・・と淡い期待をする。
多分、毎日が息苦しい程に痛いのは、愛してる音楽と生きられる理由ともなるし、大好きな人との10年ぶりや17年ぶりとかに再会なんて奇跡の為。

 それは解ってるんだけど、でも、ここまで屈辱的な想いは初めてかも知れない。


 軽度とはいえ、ストーカーされた経験もある自分だけど、
作品の中では痴漢や性的暴力シーンを描く事もあったりするけど、
実際にされた人間が、どうゆう気持ちになるのかが初めて解った気がする。


 昨日は、もうずーっと頭の中がクライフで、なんならラバンダで、有頂天ぐらいの気分だったわけで。

それが、あの昼の一瞬の接触だけで、ここまで体調崩すとは・・・。
思い返して書いている今も、怒りと嫌悪で少し震えている。


 この体に触れいい人間なんか万人なわけない。
心が震えるのは、大好きな音とかに触れた時だけでいい。


 憧人に触れられた時の、あの疼く感じは、めっちゃくちゃ幸せなのに・・・。
内臓ごと吐き出してしまいたい。皮膚も全て、新しく替えたい。そんな気持ちってあるんだな。



 本気で嫌悪感のある時って、他人には伝わらないんだな。
でもさ、冗談にでもしてじゃなきゃ話せないでしょ。こんな気持ち。


 この想いが、いつか作品に生きると信じて。

それまで、耐えられるかなー。




 今日が休みになって良かったけど、明日が憂鬱だ。
昨日みたく、酷い吐き気と頭痛と微熱だったりしたら、休みたいなー。
ずっとずっと、ラバンダ聴いてたい。現実逃避でもいい。

| 独白 | 19:31 | comments(0) | trackbacks(0) |

さよなら。小さな僕のかわいい君。

 今日は小さな卒業式。

小さなかわいい人の卒業式。


 今の店に来て1年が経って、振り返れば、恵まれていたと思う。
特に上2人は良くしてくれて、私なんかに期待してくれた。かばってもくれた。
その存在が1人減ってしまうのは、かなり心細い。
まだまだ完璧じゃないし、けど、居たら甘えてしまって覚えないし、難しいところ。
 あーでも、もう少しでいいから、一緒に仕事したかったなー。

 「最後がアンタとで良かったわ」
そう言ってくれて、嬉しかった。

 居なくても頑張らなきゃいけない。
かばってくれる人が居ない分、誰からも文句の出ない様に仕事をこなさなきゃいけない。
正直、また、ミスった時に死にたくなると思う。
完璧なんかない世界で働いてる以上、仕方ないけど、それを許せない自分だから。

 次、逢った時に、笑って会えるといいな。
5月に別れた2人には、泣いて再会してしまったから、少し罪悪感がある。
かわいい人には笑顔で逢いたい。


 1年と1ヶ月。
本当にお世話になりました。ありがとう。
甘えすぎて、怒らせたこともあったけど、結局は味方になってくれた事、
居てくれたから、ここまで続けられたと思う。

 大好きだよ、かっきー。ありがとう。
| 独白 | 12:12 | comments(0) | trackbacks(0) |

痩せたらしいよ。

 ここ3ヶ月分のストレスのせいだと思うけど、ずーっとずーーーっとお腹痛い。
もしくは、気持ち悪い。

 それに比例して、ここ2ヶ月は、描きたい熱がやばくて、晩酌もそこそこに描いてる。

 そんなこんなのせいだと思うけど、痩せたって言われたー。
確かに、今月はハードなライブに2回も行ってるし、腕っ節はよくなったと思ってたけど(笑)
仕事してても疲れにくいというか、へんに体力ついたなーとは思ってたけど。
 体重としては、この体型での2キロぐらいなので、たいした減りではないのだけどねぇ。
まぁ、年も年だし、ストレス痩せはともかくとして、痩せたのならいっかー。

 仕事もそこそこに描いてたいんだけどー。
でも、動かないとライブで暴れられないしなー。お金もないしなー。



 とりあえず、明日からストレス減る予定なので、その分、戻らないようにだけ気をつける。ん。
| 独白 | 17:44 | comments(0) | trackbacks(0) |

夢から醒める時の儚さ

「こんな日が来ることは 何時からか気付いていた」


何度も胸に突き刺さった言葉が、今もまた、痛い。

何もかもが永遠ではないことなんか解りきってるのに、やっぱり、目の前に突きつけられると…ね。


やっぱり、最初に仲良くなってくれた人だし、唯一、ダメ出しも言えるくらい沢山、観てたからね。
あの頃、あの街で、本当に生きてて良かったと思わせてくれたのは、君でした。
君の笑顔にいつも救われてました。
仕事してて嫌なことあっても、君に会えたら、その日は良い日になった。


そゆのから少し遠ざかった時間もあったけど、最近はまた行けるようになったのにな。。


孤独だった、あの誕生日の夕暮れ、忘れられないぐらいに泣いた。


確かに、あの日の約束は過ぎたけど……終わってなんか欲しくなかった。

沢山の写真を振り返るのも怖くて、涙も出なくて、ただただ、苦しい。頭が割れそうだ。


時間は色々を変えてしまったし、仕方ないのは解ってるはずなのに、どうしても気持ちがついてかない。



何度、こんな淋しさを感じれば、別れる痛みを感じなくなれるんだろう。
大好きな人の大好きな姿を観られないのって、凄く淋しい。それを最近やたらと感じてるのに、追い討ちをかけるように、これだ。



あの10月の秋晴を思い出すだけでも、もう胸が苦しい。息が出来ない。

なんで、いつも、こんなに大切にしちゃうんだろ。それなりなら、ここまで辛くなんかならないのに。
| 独白 | 20:18 | comments(0) | trackbacks(0) |